自分の信用情報を確認する方法ってあるの?具体的に教えて

信用情報を確認する方法

キャッシングをするに辺り自分がブラックになっているのかどうか信用情報が気になったことはありませんか。

 

ローンを組む前に予め知っておきたいことでもあります。せっかくローンを組んでも結果が出ないと意味がないですよね。自分の信用情報の調べ方を教えちゃいますね。

 

自分の信用情報を確認する方法が知りたい!

自分がブラックかどうか調べるために、「個人信用情報機関」に情報の開示を求めることが出来ます。

 

クレジットカードがブラックになっているのかどうか調べたいのであれば、株式会社CICに依頼して情報を開示してもらえば十分です。日本の法律により個人信用情報機関の紹介を義務付けている為、クレジットカードはすべてこのCICの会員に入ることが義務付けられています。

 

ただし、クレジットカードだけではなくキャッシングも行っている場合は別の機関である、貸金業法の指定信用情報機関が株式会社日本信用情報機構(JICC)とCICとなります。

 

金融系のブラック情報などを調べることが出来るようになっています。消費者金融の約80%がこのJICCに加盟しています。

 

自分の信用情報の見方が知りたい!

開示された情報の見方ですが「返済状況」の枠に「異動」という表記がないか確認してください。61日以上か、3か月以上滞納しているとここに移動情報が登録されてしまい、約5年間は記録として残ってしまいます。これをブラックリストと一般的には呼ばれています。

 

ここに記載があるとローンを組むときだけでなく、クレジットカードを作る時に審査に引っかかる原因となってしまいます。

 

ブラックに記載されてしまい審査が通りにくくなってしまった時は、時間を空けるかローンを一度検討してみてくださいね。

 

⇒今すぐお金借りるなら|ピンチの時こそ危険!安全なカードローン一覧